Google
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
Add to My Yahoo!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「アペラッチャコライブ」大盛況!&大成功!
■おかげさまで最高やった!これも、会場に来ていただいたみなさんのおかげです。ホンマありがとうm(_ _)m。

■とりいそぎ、この場でライブのあった3日間をレポートしまーっす。

1日目(11/30)この日は、私の会社のパーティー。銀座NB CLUBというコジャレたとこ。150名を超える観客の前で、颯爽とアペラッチャコの登場!富山の風が銀座に吹いた。3曲やったけど、ベンさんのパーカッションに掛け声が出るほどの盛り上がり。サイサキ良いスタートやなぁ。搬出の際に、並木通りでワンボックス待ってると、通る、通る、銀座のオネェ。バンドのみんなの目は釘付け・・・?^^
↓リハの合間に撮影、こんな雰囲気の会場
11/30アペラッチャコライブ

2日目(12/1)東京渋谷CLUB CAMELOTでライブ。何人来るのか、ドキドキしながら待ってると開演前の18:30頃から続々ご来場。開演時には、既に目標の80人程度の方が来られてました。最後には、96人のお客さんに来ていただき、ライブも大盛り上がり!前半は、ちょこっと緊張感が漂ってたけど、後半はえぇ感じで力が抜けてて、良かった。マッキートさんがピアニカ吹きながら会場をねり歩き回って、ボルテージも上がり、CDもいっぱい売れて。。。自分はと言えば、、、なかなか、ドタバタしてて、ゆっくり聞けへんかったケドね。
↓暗くってゴメンナサイ
12/01アペラッチャコライブ

3日目(12/2)葉山菊水亭へ移動。珍しく、風が強く、砂が舞うような天気。快晴ではあったんやけど、お客さん来るかなぁ・・・と、ちょっと心配。菊水亭スタッフのみなさんに、いろいろと気をかけていただいたお陰もあって、リラックスしたムードでライブは始まり、、、あっと言う間のライブ。葉山のイタリアンでやったんで、演奏する横で、近所の子供たちが踊ったり、何故かステージの合間にギャリーが葉山のおっちゃんと同じテーブルでお話ししてたり・・・終始リラックスしていて、最高に楽しくって、最高に感動的な演奏やった。ありがとう!
↓学習して、ストロボたきました
12/02アペラッチャコライブ

■今回、アペラッチャコライブの「ジャーマネ」(^^;)活動をさせてもらったんやけど、いろいろありましたねぇー・・・六本木会場が使えなくなり、渋谷に急遽変更になって、フライヤや、チケットなど、全部刷り直し。予定してた宿泊地も、これまた急遽使えなくなり、変更・・・などなど。いろんなことがあったけど、意外と「ケガの功名」で。なんとか、えぇライブツアーができたんちゃうかと思います。当日来ていただいた方々、サポートしていただいた方、それから富山から応援していただいたファンのみなさんの気持ちが集まったからやと思います。

本当にありがとう。

■何よりも、アペラッチャコのみなさんとは、ほぼ4日間、一緒に過ごしたけど、自由気ままで、それでいてえぇ感じで気を遣ってもらうみんなやったんで、気を遣わんでえぇ、楽〜な気持ちで、このライブ期間を過ごせました。ひでじぃーさんなんかは、自由すぎて、ちゃんと出番に間に合って集合できるんか心配になったけど・・・ライブ準備期間は、ドタバタで、プレッシャーもあったんやけど、この4日間は楽しくて楽しくて仕方なかった。

■本当にありがとう。また、次のイベントもやりたい。SASUKEさんの泣けるギターは何回聴いてもええね!もちろん、富山にもライブ見に行きますね!

■あっ・・・今度はMMさんも。^o^
| 遊び11ネタ:アペラッチャコライブ | 23:01 | comments(13) | trackbacks(433) |
アペラッチャコライブ
アペラッチャコライブをプロデュースすることになりました。

「アペラッチャコって何?」概ねの方はそういう反応なのかも知れません。なんせ、富山で活動するインディーズバンドですから・・・^^

「なんで、そんなバンドのこと知ってるの?」次は、こんな質問が帰ってくるのが予想できます。私が通うバーにこのバンドのCDが置いてあったからです。このバーの常連さんに、このバンドのメンバーのお友達が居て、CDを置いていったそうな。

■その音を聴くやいなや、びびっと感じたんです。と、言いながらも、その体験から2年か、3年か経ち、記憶も薄れかかっていたこの夏。機会があって、富山に行くことができました。もちろん、アペラッチャコライブを聴くのは、一つの大きな目的でした。そして富山のライブハウスで聴いたアペラッチャコ。アコースティックギターを中心に5人で奏でる音楽は、ジャズのような、ラテンのような、心に響き、気持ちが踊る、優しい音のせせらぎのような。

■そのまま、リーダーのSASUKEさん「東京に、葉山に来て!」と交渉させていただき、即答で快諾^^

■来る12/1(金)に東京六本木で、12/2(土)に神奈川葉山でライブをしていただけることになりました。さぁ、人集め、人集め。あまり本番までの時間が無い。。。そこで、こんな小さな場ではありますが、プロモーションです!

ココに行けば、彼らのサウンドを(2分間ですが)お楽しみいただけます。ご存じない方も、大好きな方も、コチラのライブ案内サイトにて詳細をご確認下さい!両日ともに個性ある楽しいライブになるはずです。お楽しみ下さい!

TOYAMA MEETS HAYAMA
アペラッチャコライブフライヤ
| 遊び11ネタ:アペラッチャコライブ | 02:26 | comments(5) | trackbacks(114) |
沖縄ひとり旅(最終回)〜そして琉球王国を発つ〜
■今日は沖縄最終日。後は帰るのみとなった今日は、のんびりと帰り支度をし石垣島経由で飛び立つ。石垣の飛行機が夕刻だったため石垣市立図書館で暇つぶし。
 ↓図書館も沖縄らしく、赤瓦でできていて雰囲気がえぇ。但し、エアコンは台風のせいで故障・・・暑かった。
石垣市立図書館

■今までに感じたこと、聞いたことを確かめるように過去の新聞や、波照間に関する書籍などをあさって読んでみた。
 ↓こんなニュースがトップニュースに!朝吹くんは地元ではハンカチ王子並みに人気に!?ほほえましい・・・(日本最南端の新聞社:八重山毎日新聞)
八重山毎日新聞

■そして、飛行機で琉球王国を発つ
 ↓石垣島はタラップ車を使って飛行機に乗り込みます
石垣空港タラップ車

■ここからは、番外編
 ↓沖縄本島のジャスコのエレベータに貼ってあった注意書き(=ストレートすぎる・・・)
シンドラーじゃないエレベータ

 ↓前の週に来た台風13号は、沖縄に大きな被害を与えた。これは波照間にあったプレハブ小屋。原型を完全に崩してしまっている
プレハブ小屋

 ↓沖縄で「ポーク」と言うとコレが出てきます。ハワイの「スパムおにぎり」はこの沖縄のポークから来たものらしい・・・知らんかった
ポーク

長々と沖縄ひとり旅にお付き合いいただきありがとうございました。次回は、「奥鬼怒8人旅」をお届けします。乞うご期待!
| 日記 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(26) |
沖縄ひとり旅(その8)〜朝陽で目覚める〜
■朝陽で目覚めることって生まれてこの方、何日あったんやろか?

■外が白じんできて、思わずカメラを取り出す・・・
日の出前

出た!
日の出後

■朝、寝覚めのコーヒーが美味い。今日も天気がえぇみたいや。海を渡りながら、今日は寄り道をして周った。マングローブの森を横目に見ながら川を上った。
マングローブの森

■西表島はこのような、本土では普通にはお目にかかれない「自然」に溢れる島やけど、実は、それ以上に「自然の人」が面白いらしい。それは、村人では無く、このような森の中や、海辺でひっそりと原始の生活をしている人たちなんやて。良く、金持ちの中にもホームレス生活をしている人たちが居ると聞くけど、それと同じようなものらしい。一級建築士なんやけど、その技術を活かしつつ流木で海辺に「豪邸」を建築した人や、夫婦で縄文式竪穴住居で暮らす人など。。。それが、彼らにとって最高の暮らしなんやて。そんな人も含めたさまざまな自然を抱え込んでいる西表島には不思議な魔力があるんやなぁとしみじみ感心しながら、、、エアコンをバリバリ効かした部屋でシャワーを浴びてビールを飲んだ。あぁー、、、自然にまみれるんもえぇけど、文明に抱かれるんはもっとえぇなぁ。改めて普通に生きてるありがたみを感じた。
| 遊び9ネタ:シーカヤック | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄ひとり旅(その7)〜西表島シーカヤックツアー〜
■朝、9:00。キャンプツアーの中川さんに宿まで、迎えに来ていただきました。西表に来たのは、ただただ自然に戯れたい・・・という思いから、事前にインターネットで予約。初めてのシーカヤックキャンプです。昨日、不調だった胃のムカムカは、既に下痢へと昇華していて・・・カヤック乗ってる途中で・・・イヤイヤ忘れよう。一応正露丸を購入。

■今回は、ガイドの中川さん、自分を含め、全員で6名の参加。結論、2人乗りシーカヤック3艇で船出することに。シーカヤックには、これでもか!というぐらい、水、酒、食材、テントなどなど積み込み、さぁ出発。
シーカヤック3艇

■シーカヤックは2回目(前回は葉山で、ちょこっと漕いだだけ)なんで、悪戦苦闘しながら、、、およそ3時間以上かけて、目的地に上陸・・・おぉー・・・人が居ない。プライベートビーチだぁ。シュノーケリングも初めて体験。。。その間、中川さんはせっせとキャンプの準備。
シーカヤック上陸

■やっとこさテントを張りました。一休憩。しかし、暑い!ビールを飲んで、フゥーっ。
テント

■夜は、中川さんの華麗なるアウトドア料理が振舞われました。沖縄来て初めての「タコライス」
タコライス
これらの食材を自分で混ぜて、、、美味い!テーブル中央にあるのは「DEATH」スパイス・・・こりゃ、めちゃ辛い!

■夜は、長い・・・中川さんの体験談をゆったりと聞く。楽しい会話の中、時間も忘れ、眠くなったら眠るという原始の姿に戻っている自分。昨日までは、まだまだ、ついつい時計を見たり、携帯電話をいじったりする自分があったんやけど、今日は、そんなことも忘れてしまっていた。さわやかな風で揺らぐ焚き火とすっきりと澄んだ星の灯りでぼんやり照らされたその一帯は自分たちだけが独占できる至極のリビングルーム。誰からと無くテントに入った。「ぐっすり眠れそう」。波音がだんだん遠ざかっていく、、、「あっ。下痢治ってた。」
焚き火
| 遊び9ネタ:シーカヤック | 21:26 | comments(4) | trackbacks(11) |